×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医療レーザー脱毛って?

レザー脱毛は、よくエステで耳にします。良くあるのが広告で見るエステの脱毛のお試しコースで、特に脇などの脱毛が多いと思います。
エステではレザー脱毛と呼びますが、病院やクリニックといった皮膚科、形成外科で行うレーザー脱毛は医療レーザー脱毛と呼ばれていて、医師しか行うことができませんので、エステのレザー脱毛とは違います。きちんと脱毛をしたいと考えるのであれば、エステより病院やクリニックをオススメします。
医療レーザー脱毛は医師によるものですから、脱毛後のケアー方法なども明確にしてくれる分安心感があります。

医療レーザー脱毛の痛みは?

医療レーザー脱毛は基本的に、レーザーを皮膚に照射することで毛や毛根の組織を壊すかたちになり、焼くということです。レーザー脱毛は日焼けをした感じで、赤くなったりします。これは2,3日すればもとに大体治るので心配しなくても大丈夫です。
レーザー脱毛をやることにあたって結構気にすることは痛いか痛くないかだと思います。医療レーザー脱毛での痛みは、ないとはいえません。個人個人感じる痛みはことなります。毛の濃い部分に関しては、結構痛みを感じやすいみたいです。たとえていうならば、針を刺した感じで、激痛でたえられないということはないみたいなので、あまり心配しなくても痛みは我慢できると思います。少しの痛みでも嫌な人は、やらないほうが無難です。

医療レーザー脱毛の注意点

必ず病院やクリニックといった皮膚科、形成外科で医療レーザー脱毛は行ってください。あと料金のことや脱毛後のケアーなども細かく医師に聞いてください。
医療レーザー脱毛する時期ですが、季節的に夏場の暑い時期などはさけたほうが良いと思います。レーザー脱毛する際に日焼けなどをしている場合は脱毛が完全にできるまでに時間などがかかる場合があります。
レーザーを当てるときにメラニン色素が多くかかわってきます。レーザー脱毛のレザーにも強い弱いがあり、メラニン色素が多い場合このレザーを強くあてることができず、毛や毛根を焼くのに何度も繰り返さないといけなくなるからです。
時間もかかるし医療レーザー脱毛する回数が増えればそれなりに料金もかかります。なので肌をあまり出さない冬場などが一番良いと思います。

Copyright © 2009 正しい医療レーザー脱毛方法